美容

プロポリスと虫歯の関係

プロポリスは、ある種のミツバチの巣の一部分を取ってきたものからその成分を抽出、濃縮したエキスで、いろいろな効果、効能があります。
そのいくつかをあげてみますと、殺菌、抗菌作用、口内炎などの炎症を抑える作用、体の免疫を強化する作用などがあります。
このような効果、効能のあるプロポリスですが、高品質のものを使わないと、その効果があまり得られません。

そのために日本では、世界的に見ても高品質と言われているブラジル産のプロポリスがよく使われています。
虫歯予防と言いますと、歯磨が基本になりますが、これは、口の中を清潔にして虫歯の原因となる歯垢をできにくくすることで、虫歯を防ごうという意味があります。
虫歯の原因とされる歯垢は、その中にある種の細菌が住んでいて、これが直接虫歯を作る作用をしていると言われています。

このような細菌が虫歯の直接の原因となりますと、それが繁殖できないような環境にすることで、虫歯を予防できるはずです。
このときにプロポリスの殺菌、抗菌作用が役に立ちます。
虫歯予防にプロポリスを利用するときの一例は、歯磨きの時、歯磨き粉にプロポリスのエキスを数滴垂らして使用することです。

こうしますと、プロポリスの殺菌、抗菌作用が直接働きますので、虫歯のもとになっている細菌にダメージを与えます。
こうして虫歯になりにくい口内環境ができあがります。
歯に関しては、虫歯以外にも歯槽膿漏という病気がありますが、これも細菌が関与していますので、プロポリスは効果があります。

また、歯茎の腫れや炎症がある場合には、プロポリスの炎症を抑える作用が働きますからこのような症状が自然になくなってきます。
口の中の病気と言いますと、口内炎というものもありますが、これもプロポリスを使うことで治療、予防ができます。
プロポリスは、あらゆる炎症を抑える効果がありますので、虫歯予防のために使っていても、その他の炎症などの症状に対しても知らず知らずのうちに効果を発揮しますので、薬ではありませんが、万能薬と言えます。

Copyright(C) 2013 健康に絶対に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.